暮らしやすさを考えるならアルミサッシの引き戸で

玄関に広いスペースを取ることができるなら、ドアよりもアルミサッシの引き戸の方が便利だと感じられることが多くなるのではないでしょうか。取り付けられる幅に応じて1枚から3枚まで戸の枚数を選ぶことができますので、大きめにとっておけば荷物の出し入れが断然しやすくなります。また、必要に応じて開ける場所を変えられるところも、ドアにはないメリットです。いつもは右側を開けて出入りしているけれど、右側に大きな荷物を入れたために通りにくいとなれば、左側から入ることができます。ドアでは絶対にできなことだけに、こうしたときに引き戸の便利さを実感するでしょう。高齢者と一緒に住む世帯であれば、将来的には車いすの利用なども考えられますので、玄関を広めにとり、かつ開け閉めがしやすい引き戸にすることで、介護も楽になるのは間違いありません。

アルミサッシの引き戸が見直されている理由は

家によっては、ドアと呼ばれる開き戸を取り付けると、開閉時に敷地内からはみ出してしまうといったケースもあります。特に狭小地に建てる家の場合、スペースの確保が大変というのはよくあることです。そうした場合にはドアよりも、狭い空間でも取り付けが可能なアルミサッシの引き戸にするという選択がベストです。サイズもいろいろあり、狭いスペースしか確保できない玄関口なら小さめを、広い玄関を確保できるなら大き目サイズの戸を何枚か連ねることで、立派な玄関を演出することができます。狭い空間に家を建てることが増えてきていますので、今後、引き戸の需要はさらに増えていくかもしれません。前後どちらかに開くスペースが必要になるドアよりも、横にスライドさせることから、少しのスペースでも取り付けられる引き戸がまた見直されてきているからです。

室内にアルミサッシの引き戸を多用することで

室内の部屋にドアを利用すると、モダンでスタイリッシュなイメージが生まれますが、その一方で前後どちらかに開閉のためのスペースが必要なことから、狭い空間しか取れない家には不向きだといえるでしょう。ドアを開けるたびに何かにぶつかったり、時には通りかかった家族に当たってしまうとなれば、安心して家の中を移動することができません。とりわけ小さな子供や高齢者がいるお宅であれば、むしろ引き戸の方が安全です。最近はアルミサッシでできていることから、断熱性や遮音性もかなり上がってきています。レール式とつりさげ式の二つのタイプがあり、勢いよく閉まらないよう、開閉時にはマグネットが作用してゆっくり動くタイプを取り付ければ、子供にも高齢者にも安心です。前後のスペースが広く使える引き戸を多用すれば、狭い家はもちろん、広い家もより広く使えることになります。

Comments are closed